フォームに必要な情報をご入力の上、ダウンロードしてください。
* は必須入力です。

プライバシー方針.

リーンを再考する: リーン生産戦略を洗いなおす

リーン生産はまだ通用するのか

リーン生産は、1980年代に起こった革新的で新しいコンセプトとしてもてはやされました。しかし、カンバンやカイゼンという用語が、製造業用語となってからはや30年以上が経ちました。

製造業は、リーン原理が初めて適用されて以来、特に製造テ クノロジーや情報管理の分野において劇的に変化しました。 多くの企業がリーンイニシアチブに着手し始めた時、インターネットはまだ子どものようでした。モバイル機器を使っ た顧客やサプライヤ向けのオンラインポータルが実現し、別 陸にあるサプライヤとリアルタイムにコラボレーションで きる作業環境になることなど、ほとんど誰も想像できませんでした。今では、要求の高い顧客とともに急速に進化しているグローバルなマーケットプレイスが当たり前になりました。

リーン原理は、こ の新しいパラダイムに通用するのでしょうか?

本ホワイトペーパーは、現代の運用プロセスやグローバル市場、ITソリューションにおける劇的な変化を経験した製造業にとって、今のリーン戦略について再評価しています。