グローバルなデジタル・サプライチェーンネットワーク

Infor Nexus

俊敏性、回復力、速度を上げる

Infor Nexusは、供給の確保から輸送の最適化、積荷の可視化、請求・支払、資金調達に至るまで、グローバルなサプライチェーンの物流と商流を可視化してオーケストレーションする世界最大規模のクラウドベースのサプライチェーンネットワーク・プラットフォームです。

サプライヤ、メーカー、輸送サービスプロバイダー、ブローカー、3PL、銀行など、すべての関係者がInfor Nexusのネットワーク上で「つながる」ことで、サプライチェーンの俊敏性、速度、回復力を高めます。

Caterpillar.jpg
Infor Nexus早見表
Infor Nexusは、20年以上にわたって、製造業やファッション企業、輸送サービスプロバイダーや3PLを含むあらゆる業界の74,000以上のお客様のビジネスを支えています。
  • グローバルで74,000社以上が参加
  • 年間取引高は総額1兆ドル
  • 45,000社以上のサプライヤと工場
  • 90%のトップグローバル3PL、15,000社以上のキャリア
  • 40を超える金融機関
  • 17か国語以上でグローバルにサポート
数字で見る効果
  • 生産サイクルタイムを10~20日短縮
  • DC受入プロセスが 2 日から 2 時間に短縮
  • 直送出荷を40%増
  • 契約キャリアレートを5~15%削減
  • 急便・急配送の50%を削減
  • 返却延滞料と超過保管料を50%以上削減
  • 1~3日相当分のバッファ在庫削減
  • 5~25日のキャッシュフローを可視化
  • QC監査時間を半分に短縮

「ネットワークの脈」を動的に感知

サプライチェーンは、毎秒50回という物凄いスピードで変化し続けています。日々、大量のノイズが流れ込み、その中には、潜在的な問題や課題、業務の中断に関わる事象、需要のシグナル、モノの流れのわずかな変化さえあります。

従来のように、当事者間がP2P接続でバッチ処理やメール、電話、FAXでやり取りするようなサプライチェーン構造では、グローバルなサプライチェーンの不確実性や複雑さを解決することはできません。

Infor Nexusは、供給全体をデジタル化して、刻々と変わる「ネットワークの脈」を動的に感知するプラットフォーム上で、すべての取引関係者がリアルタイムに連携し、サプライチェーンの俊敏性と速度を高めて、障害を回避できるように支援します。

次の危機が発生したときに暗闇の中にいないように、今必要なのはハイパーコネクティッドなネットワークのアプローチです。

サプライチェーンの「摩擦」を解消

多階層のサプライヤとのオーダー連携、国際輸送の最適化と積荷の可視化、通関、請求・支払、資金調達に至るまで、すべての取引をデジタル化し、サプライチェーンの俊敏性、回復力、可視性、速度を高めることで、機会ロス、在庫ロス、不要な保管コスト、輸送支出を削減、リードタイムを大幅に短縮します。

高品質な供給の確保

Infor Nexus は、20年以上にわたってネットワークに蓄積された膨大なデータをもとに、機械学習を使って、供給・輸送の中断と混乱、それによる影響を予測して警告します。また、サプライヤの品質保証、社会・環境・持続可能性へのコンプライアンスを継続的に監視・改善することができます。

輸送の可視化と最適化

Infor Nexusなら、世界中の海上・航空貨物サービスプロバイダー、フォワーダー、国内のキャリア、3PLと連携し、起点から目的地までの貨物の動きをマイルストーンで追跡して、予定到着時刻(ETA)をリアルタイムに把握することができます。

運転資金の解放

Infor Nexusによる供給の連携、輸送の可視化で、バッファ在庫や在庫の陳腐化をなくし、返却延滞料や超過保管料を含めた貨物支出を継続的に改善して、運転資金を解放します。また、サプライヤが早期に運転資金にアクセスできるように金融機関との連携を支援します。


ぜひご覧いただきたい資料とセミナー

サプライチェーン・ベストプラクティスガイド
「今日の需要を満たして
       未来を差別化する」

今日の地政学的な紛争、気候変動による自然災害、世界的なパンデミックなど、未曾有の不確実性と不安定性が課す試練や課題に無縁でいられる業種はありません。こうした不確実性が浮き彫りするのは、調達から購買、製造、物流、最終顧客に至るまでのすべてのサプライチェーンを可視化して、複数関係者との連携を強化し、サプライチェーンの速度、俊敏性、回復力を高めることの重要性です。

今日の需要を満たして、将来の成長のために差別化するためには、アナログで直線的なサプライチェーンからデジタル化されたエコシステムへ転換する必要があります。

サプライチェーンの5つの成熟段階に応じたイニチアチブについて、せひ本書をダウンロードして参考にしてください。

  

2021年6月29日(火)ライブオンラインセミナー
持続可能なサプライチェーンのための物流DX講座

国家行政的な観点、ソリューション提供的な観点、DXを推進する物流現場の観点、それぞれのリアルな視座から総合的に状況を掘り下げ、「今、自分の会社ではDXについて、何をどのように取り組めばいいのか?」のヒントをご提供します。

いつでも視聴できるオンデマンドウェビナー
アクセンチュアとインフォアが語る製造業における
物流・倉庫管理のデジタル化について

業界をリードする専門家からロジスティクスITおよびロボティクス技術など変化に適応するソリューションや事例をご紹介し、皆様の業務やシステム活用に寄与するヒントをご提示いたします。

サプライチェーンのデジタル化に
選択の余地はない理由
(ホワイトペーパー)

組織のテクノロジースタックに近代的なツールを導入すれば、サプライチェーンのデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現し、ネットワーク全体でイノベーションの新たな機会を創り出すことができます。

サプライチェーンをクラウドで近代化する
(エグゼクティブブリーフ)

適切なクラウドベースのサプライチェーンソリューションを利用すれば、組織全体の効率性を高めることができます。

グローバルなサプライチェーンの
リスクと不確実性に対処する4つの方法
(How-to-Guide)

サプライチェーンのコスト上昇に対処して、不安定なグローバル経済を舵取りするための4つの方法について考察します。

M&Aで忘れてはならない輸送の統合
~サプライチェーンの相乗効果を高めるカギ~
(エグゼクティブブリーフ)

M&A後に輸送を統合管理すれば、莫大な運用コストを削減できるにも関わらず、これを活用する企業が増えないのは、なぜでしょうか?

グローバルサプライチェーンの競争力を決定する、
3つの経営資源「ヒト・プロセス・テクノロジー」
(エグゼクティブブリーフ)

メーカーや小売企業が、サプライチェーン全体を最大効率で動かし続けるために、今できることについて解説します。

アナログなサプライチェーンの大きな代償
- 俊敏性の真義を問う
(記事)

IDC Manufacturing InsightsのSimon Ellis氏は、5年前に次のような記事を書いています。「2013年には、サプライチェーンの果てしない多次元性を攻略しようとする企業にとって、その弾力性が最重要課題になるでしょう。」

Infor Nexus Live Tracking
(データシート)

グローバルな輸送をリアルタイムに可視化します。

Infor Nexus Control Center
(製品カタログ)

広範囲に可視化してインテリジェントに対処します。

グローバルな複合一貫輸送をコントロールする管制塔
Network Transportation Management
(製品カタログ)

ネットワークの利点を活かして輸送をコントロールする管制塔となり、輸送をオーケストレーションします。

ネットワークド・サプライチェーン
自律するデジタルSCM
(エグゼクティブブリーフ)

従来のサプライチェーンデータや可視化ソリューションでは、サプライチェーンの動きをリアルタイムに追うには不十分です。


製品紹介動画

Infor Nexus 製品紹介動画
(概要編)

新たなネットワークモデルへの移行が進むバリューチェーンにおいて、Infor Nexusのネットワークサプライチェーンがいかに重要であるかについて知ることができる8分間の動画です。

Infor Nexus 製品紹介動画
(輸送管理編)

輸送業務をグローバルに可視化できない従来の輸送管理システムには限界があります。広範な地域に分散した非常に高度なグローバル企業がいち早く市場の変化に適応するためにInfor Nexusが実現するネットワーク輸送管理について語る8分間の動画をぜひご覧ください。

お気軽にご相談ください。

弊社より1両日以内にご連絡いたします。