ベストプラクティスガイド

食品・飲料メーカーがサプライチェーンの
透明性を高めるためのベストプラクティス

より多くの情報を求める消費者とコンプライアンスへの対応

今日の消費者は、食品についてより多くの情報を求めています。原材料や成分だけでなく、産地や動物の人道的扱い、環境への影響、企業の持続可能性への取り組みについても知りたいと考えています。また、気候変動が続いて農作物の生産が危うくなる一方で、世界の人口は急速に増加しており、世界の食料の3分の1は廃棄されています。

現代の食品・飲料メーカーは、こうした厳しい課題を解決し、グローバルな超競争市場で生き残るための変革を迫られています。

今、食品・飲料業界に大きなチャンスをもたらす可能性を秘めているのが、インダストリー4.0のテクノロジーです。インダストリー4.0のテクノロジーをうまく利用すれば、農家から消費者に至るまでのサプライチェーンの透明性とトレーサビリティを高めて、消費者の信頼を獲得し、ブランドを強化、食品の安全性・品質・コンプライアンスを確保して、食品廃棄量の減らすことができます。

本ガイドは、食品・飲料業界における近年の動向を探るとともに、インダストリー4.0のテクノロジーを活用してサプライチェーンの透明性とトレーサビリティを高めるためのベストプラクティスについて考察します。

詳しくは、本書をダウンロードしてご確認ください。