フォームに必要な情報をご入力の上、ダウンロードしてください。
*は必須入力です。

Infor values your privacy.

設備資産の投資計画を戦略化する予測分析

~データサイエンスを活用し、攻める投資計画を実施~

工場や水道・電気・ガスなどの公益設備から公共施設に至るまで、設備資産の保全管理者は、多様な設備資産の管理に追われています。修繕作業や予防保全の監督、資産の棚卸、耐用年数の予測など、その業務内容は多岐に渡ります。

特に、設備機器のデジタル化は、センサーの追加やIoT接続など、設備機器のアップグレードに大きく依存しており、意思決定権を握る経営幹部は、それらを多方面へ活用することを求めています。

設備投資の必要性を分析して優先度を評価し、投資計画を立てるのは時間がかかるため、すでに手一杯のチームにとって大きな負担であり、デジタル化の波があらゆる業界を席巻する中で、さまざまな業務のバランスを取りながら効率化するのは難しいものです。

しかし幸いなことに、テクノロジーを使えば、プロセスを合理化し、十分な情報から洞察を手に入れて、設備資産への投資を決定することができます。
本書では、データサイエンスを活用することで設備資産の投資計画を戦略化する方法について考察しています。

詳細は本資料をダウンロードしてご確認ください。


th-Infor-CloudSuite-WMS-for-Logistics-jp.png