フォームに必要な情報をご入力の上、ダウンロードしてください。 ※は必須入力です。
*の付いたフィールドは必須です。

Infor values your privacy.

戦略的な保全業務を支えるEAMシステムを選ぶための5つのポイント

「壊れていなければ、変える必要はない」と考えて、引き続き現行システムで保全業務を行えばよいと思うかもしれませんが、「壊れていない」ことと「効率性を争うゲームの頂点にいる」ことには大きな違いがあります

しかし、市場にあるソリューションの多くは、設備資産管理システムとしては不完全で、高コストなカスタマイズを伴う単なるフレームワークに過ぎません。また、カスタマイズしたとしても、将来的なアップグレードが複雑になり、最新のテクノロジーを取り入れるには余計にコストがかかり、実現の可能性は低くなります。

保全業務を単なるコストセンターではなく、戦略的な差別化要因に転換し、あらゆるコストを予測するためには、どのようなEAMシステムが必要でしょうか?

持続可能なEAMシステムを選ぶ際に考慮すべき5つのポイントについて、詳しくはこちらのホワイトペーパーをご覧ください。



th-eam-executive-brief-five-ways-to-address-growing-mass-customization-demand-jp.png