ベストプラクティスガイド

ポストコロナの設備資産管理
- 安全・衛生的な労働環境を
整備するための5ステップ -

クラウド設備資産管理で予測可能で処方的な対処

健全で安全な生産環境、施設、業務の遂行は、常に業界共通の優先課題とされてきました。しかし、2020年の世界的なパンデミックは、 「安全で衛生的」 であることの意味を再定義しようとしています。ポストコロナのニューノーマル(新しい日常)で「安全で衛生的」であるためには、厳しさを増す規制当局の検査に合格して衛生管理をさらに徹底できるように組織が進化しなければならないことを意味します。

たとえ現状は流動的で明確な公的指針がないとしても、常に時代の変化を先取りし、次に何が起こっても対応できるように準備しておかなければ成功することはできません。そのためには、最も厳しい安全・衛生管理のプラクティス(業務手順)と分析要件、報告基準をクリアできるように、新たなレベルのシステム化された設備資産管理を採用する必要があります。

本ガイドは、最新の設備資産管理システムを活用することで、安全かつ生産的でコンプライアンスを遵守した職場をどのように再構築すべきかについて解説します。

詳しくは、本書をダウンロードしてご確認ください。