フォームに必要な情報をご入力の上、ダウンロードしてください。
* は必須入力です。

プライバシー方針.

d/EPMソリューションの特長

業績管理における課題

  • 実績報告作成の為に様々なデータを収集する必要があり、データ収集/加工に手間と時間がかかっている
  • 予算編成はシステム化されておらず、エクセル&手作業で作られる予算編成には膨大な時間とエネルギーがかけられている
  • 属人的な業務が多い為、ベテランの異動や退職がボトルネックになってしまう
  • 全社計画、部門別計画、製品別計画等がそれぞれ別々のエクセルで管理されており、連携が取れていない為計画の不整合が発生している
  • 業績の変化に応じた期中の計画見直しをする際も、年初予算編成と同様の作業が発生し、タイムリーな計画修正ができない
  • 会計システムのデータは業績管理/管理会計の要件を完全にカバーできるデータ構造になっていない為、システム外で管理しているデータが多い
  • 製造経費・販管費の製品別配賦や得意先別配賦など、収益性管理の為の各種配賦要件があるが、会計システムの配賦機能では機能不足で実現できていない
  • 本来であれば実績の分析・報告よりも業績予測、業績シミュレーション等に時間を割きたいが、実績収集と報告に追われなかなか時間がとれない