インフォアジャパン・オンラインセミナー

【オンデマンド配信】
インフォアとAWSが提唱するDXを推進する
ERP/クラウド活用について
主催:インフォアジャパン株式会社
協賛:アマゾンウェブサービスジャパン(株)

AWSの活用については、ソフトウェアやゲーム・アプリ関連企業のみならず、いまや公益団体や公共機関まで活用が広まっています。その採用実績の多さやシステムの堅牢性や拡張性を評価され、信頼度の高いプラットフォームとして世界中でシェアを拡大しています。Inforでは、業界特化型のERPをクラウドで提供しており、そのプラットフォームとしてAWSを採用しています。日本市場においても、食品・製造業のみならず、ホテル業界においてもその採用実績を拡大しています。

昨今、COVID-19におけるビジネスや物流の変化から、新たな生活様式・ワークスタイルの変革が求められています。折しも、経済産業省における「2025年の崖」のレポートが提示される中、COVID-19におけるワークスタイルの変革にシステムを活用した業務の見直しや効率化は避けられない状況にあります。一概に「DXを推進する」と提唱しても、その範囲は広大かつ業種業態によって複雑であることから、どこから何を着手すべきかの議論については、IT担当者のみならず、経営者を含めた全社員に関わる課題と言っても過言ではありません。

本講演では、アマゾンウェブサービスジャパンとインフォアジャパンの有識者が登壇し、豊富な事例や実績を紹介するとともに、皆様の今後のDX推進の一助となる提言をおこないます。

こちらは2020年11月5日に配信したオンラインセミナーのオンデマンド版です。

同業他社・競合の方のご参加はお断りする場合がありますので、予めご了承ください。

受講の登録者には、配信サイトのURLリンクおよびログイン情報をEメールにてご案内いたします。

プログラム概要

約25分間 製造業におけるデジタルトランスフォーメーションの推進とAWS活用のご紹介

経済産業省2020年版ものづくり白書によれば、新型コロナウイルスが与える影響を含む環境変化の「不確実性」こそが、製造業にとって大きな課題であると指摘されています。そして、不確実性の時代において取るべき戦略の中には、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が挙げられています。製造においても、国内外でIndustry 4.0やDXの取り組みにAWSを活用するお客様が増えてきております。本セッションでは、組立製造業の製造領域を中心に、お客様のIoTやデータ活用に関連する取り組みをご紹介し、デジタルトランスフォーメーションの推進におけるAWS活用のメリットをご紹介します。

アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
パートナー アライアンス本部
テクノロジーパートナー部
ストラテジックアライアンスマネジャー 製造担当
柳澤 政夫氏

約25分間 インフォアが提供する、基幹システムのクラウド化

基幹業務を含む情報システムの次世代対応は、今やどの企業にとっても重要な検討課題になっています。世の中には様々なクラウド対応のERPがありますが、本当に基幹システムをクラウド化できるのか、他社ではどう考えているのか、などが気になるところだと思います。本セッションではインフォアが提供するクラウドソリューションの特長とそのメリットについてご紹介します。

インフォアジャパン株式会社
ソリューションコンサルティング本部
プリンシパルソリューション
コンサルタント
諸岡 哲也



お客様の個人情報の取り扱いにつきましては、弊社の個人情報保護に関する方針に従い、必要な安全管理措置を行いお取り扱い致します。 お申込みにあたりましてはインフォアジャパン株式会社の個人情報の取り扱いについてご確認いただき、同意の上、お申込みくださいますよう宜しくお願い致します。また、頂いた個人情報については本セミナーを運営するにあたり、登録・ご連絡に使用し、かつ今後の弊社および共催会社のマーケティング、情報提供の際に使用させていただきます。 個人情報の取り扱いに関するページについては、下記のプライバシー方針になります。

スピーカー

柳澤 政夫氏
アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
パートナー アライアンス本部
テクノロジーパートナー部
ストラテジックアライアンスマネジャー
製造担当
諸岡 哲也
インフォアジャパン株式会社
ソリューションコンサルティング本部
プリンシパルソリューションンサルタント